忍者ブログ
不安神経症とはどんな病気か?克服事例に見る患者の家族の接し方と治療法!不安をいだくみなさん、これは病的なのではないかと、余計に不安いだくみなさん(私を含めて)は、不安神経症の症状、不安神経症治療、不安神経症克服、不安神経症薬、不安神経症チェック、不安神経症漢方、不安神経症完治、不安神経症原因、不安神経症診断など、様々な形で、その診断法や原因、対処法をさがします。人間である以上、そして人間社会に生きている以上、心の不安はその大小にかかわらず、人それぞれがいだくものです。それを病的なレベルまで高めるのか、そうしないのかはあなたの受け止め方・考え方次第だと思います。当ブログでは、「不安神経症患者の家族のために」川崎医科大学附属川崎病院精神科山本博一著より、そのメカニズムと対処法を紹介しています。
スポンサーリンク
サプリメント
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不安神経症とはどんな病気か?克服事例に見る患者の家族の接し方と治療法

スポンサードリンク

不安神経症の症状と対応

不安神経症の症状は、イライラや落ち着きのなさ、緊張や過敏など精神症状と肩や首のこり、頭痛、動悸、息苦しさ、めまい、下痢、不眠など、身体的な症状が見られます。

心配や不安などが付きまとって慢性的に続くのが特徴です。

診断基準は6カ月以上とされています。

不安神経症になった患者さんは、その身体症状から、いろんな病院で検査をしますが、そういった検査では症状の原因が見られないのです。

症状が慢性化して、日常生活のストレスを受けて、良くなったり悪くなったりしてずっと続きます。

慢性化が続くと、うつ病に移行したり、気を紛らわせるために飲むアルコールでアルコール依存症に陥ることもあるのです。

治療は薬物治療と精神治療があります。

薬物の場合は抗不安薬を用います。

その他先生の診断により精神療法がおこなわれます。

不安神経症かもしれないと、病気に気づいたら身体症状の原因を把握するために内科を受診して検査をし、異常が見つからなかったら、精神科や心療内科を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

※当サイトでは、不安神経症とはどんな病気か?克服事例に見る患者の家族の接し方と治療法について掲載しています。

目次(不安神経症患者の家族のために)
 
不安は生きてる証/不安を心に閉じ込めること

不安神経症を克服した例(事例1)

不安神経症を克服した例(事例2)

不安神経症を克服した例(事例3)

不安神経症とはどんな病気か/神経症とは

不安神経症とはどんな病気か/不安神経症とは

不安神経症を起こしやすいタイプ/起こしやすいとき/経過

不安神経症患者への接し方/不安神経症の治療法

不安神経症患者への接し方/家族はこう接する

<コラム>

不安神経症の症状と対応

改めて不安神経症について

不安神経症患者への接し方

<うつ・不安・不眠用サプリメント>

メンタルヘルスサプリメント「ヌーススピリッツ」

<その他>

恐怖症・不安症・パニック障害・強迫神経症・適応障害・心身症など、心身の不調を改善!メンタルサプリプログラム

スポンサードリンク

不安神経症とはどんな病気か?克服事例に見る患者の家族の接し方と治療法<サイトトップ>
PR
Copyright © 不安神経症とはどんな病気か?克服事例に見る患者の家族の接し方と治療法 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]